【マーク・ロスコの作品と、『赦し合い』の対話】

 

『私は人間の根源的な感情を表現することにしか興味はありません。
悲劇、恍惚、運命といった感情です。

そして、私の絵に向かい合った時に泣き崩れる人々が多くいるという事実からも、私がそのような人間の根源的感情を伝えているのだということがわかります。

私の絵の前で泣く人々は、私がその絵を描いた時に体験したのと同様の宗教的体験をしているのです。

そしてもし、おっしゃるようにあなたが[私の絵の]色彩の関係にしか感動していないのなら、それは的外れなのです。』

---------------

先日買った本、『ユダヤ人と近代美術』より、マーク・ロスコの印象的な言葉を抜粋しました。

このロスコの言葉を読んだ時、
ふと、わたしはあるドキュメンタリー番組を思い出しました。

それは、『ヒトラー・チルドレン』というドキュメンタリー番組。

親族にナチスの戦犯をもって生まれてきた人々の、他者からも自己からも責められる苦悩を描き出した作品です。

その作品のなかに、こんなワンシーンがあります。

-------------

アウシュビッツの所長であった祖父を持つライネル・ヘスは、
ホロコースト生存者の孫であるエルダド・べッグと共にアウシュビッツ強制収容所を訪れ、多くのユダヤ人の遺族・親族と対面する。

 

そんななか、ヘスに向かって『よく私たちの前に立てますね。』『罪の意識はあるのですか?』と、泣きながら厳しい言葉を向ける人もいる。

 

だけど、
ある一人の男性……正に〝ホロコーストの生存者その人″がヘスに歩み寄り、

 

『わたしはここにいたんだよ。
だけど君はここにいなかった。
君がやったわけではない。(だから罪の意識を持つ必要はない。)』

 

と言い、ヘスを抱きしめるのです。

 

ヘスはその時のことを振り返り、
『感情をこらえきれなかった。強い衝撃と共に、強い幸福感が広がった。』
と話します。

 

f:id:arakawayuriko:20160824205029p:image

f:id:arakawayuriko:20160824205036p:image

f:id:arakawayuriko:20160824205047p:image

f:id:arakawayuriko:20160824205103p:image

f:id:arakawayuriko:20160824205109p:image

f:id:arakawayuriko:20160824205118p:image

f:id:arakawayuriko:20160824205127p:image

f:id:arakawayuriko:20160824205308p:image

--------------

マーク・ロスコは、10歳の時にロシアからアメリカへ亡命してきたユダヤ移民です。

 

第二次世界大戦以前に亡命していたため、虐殺が始まったときに祖国にはいなかった。

 

だけど、自分の生まれた土地で、
自分の友人や隣人が次々に殺されていった事実。

それが彼にとってとても大きな衝撃だったことは誰でも想像できることでしょう。

 

彼はホロコーストの話題に直接言及したり、絵の題材にすることもなかった。

だけど、明らかにロスコの作品にはこの出来事への思いがつよく反映されている。

 

そして、同じ歴史を体験してきた人や、その子孫が彼の絵と出会う。

人々は、ロスコの絵を前にしたとき、歴史的事実と彼の思いのどちらも受け止めることになる。

そして、現実に起こってしまったことの悲しみと共に、ロスコの祈りにも似た思いを受けとめ、涙を流すのでしょう。

 

…戦犯の孫であるライネル・ヘスとホロコースト生存者の邂逅は、
ロスコの絵の前で涙を流す人々とロスコの絵と同じ関係性を持っていると思います。

【ロスコの絵 対 鑑賞者 = ホロコースト生存者 対 ナチス戦犯の子孫】

こんな図式が頭の中に広がりました。

 

アウシュビッツの話題を決して口にしなかったロスコはきっと、
絵でもってたくさんの人と赦し合い、慰め合うことを望んでいたのだろうと思う。

 

直感的にそう考えたわたしは、
喫茶店で読書をしていたにも関わらず、涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

 

どんなに互いに苦しくとも、各々が実践可能な方法で対話をし、赦し合っていく。

 

そのことに真摯に取り組み続けたロスコの作品にはものすごい説得力があるし、それは単に歴史的に優れた絵画だから、というだけでは説明のつかない崇高なものだと思います。

 

ホロコーストといった、歴史的に大きな出来事を理解することや、偉大な画家を理解するときは上辺の事実だけを見ていてはいけない。

 

あくまでもその時代に生きていた人たちの『個人的な感情』を、わたしは知りたい。

 

この本にしてもこのドキュメンタリー番組にしても、
歴史的事実ではなく個人の人生と思いにしっかりと焦点を当てた良い作品です。

歴史を理解する上でとても役に立っています。リンク掲載しておきますね。

 

ヒトラー・チルドレン→http://www.dailymotion.com/video/x1jhqyo_%25E3%2583%2592%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC-%25E3%2583%2581%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3-%25E3%2583%258A%25E3%2583%2581%25E3%2582%25B9%25E3%2581%25AE%25E7%25BD%25AA%25E3%2582%2592%25E8%2583%258C%25E8%25B2%25A0%25E3%2581%25A3%25E3%2581%25A6_news

 

●ユダヤ人と近代美術→https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E4%BA%BA%E3%81%A8%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%9C%80%E5%BA%9C%E5%AF%BA-%E5%8F%B8/dp/4334039014

(画像はすべてヒトラー・チルドレンからの引用です。)