読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポリアモリー実践者としてのわたしの想いなど。

 

とても心打たれる記事があったので紹介を。

 

 

この記事を書かれたのは、わたしもお世話になっているきのコさん!

 

f:id:arakawayuriko:20161130004905j:image

 

複数の恋人を持つライフスタイル実践されている方で、日本でいち早くポリアモリーをカミングアウトし、発信されている素敵な方。

 

そしてかくいうわたしも、夫公認の恋人がいるポリアモリー実践者です。

 

自分のなかではとても合理的な理由があって、恋人を作ることを決めた。

 

そして、「かくかくしかじかで不倫がしたいんだ。恋人作ってもいい?」と夫に話したのが今年の8月。

 

それから1ヶ月くらいで奇跡的に理想の方と出会い、すぐにお付き合いがはじまりました。(もちろん、すぐに夫に報告しましたよ。)

 

とまあ、わたしのポリアモリー事情はまた次の機会に話すとして、冒頭のきのコさんの記事について。

 

きのコさんがどれだけ大きな不安の中でポリアモリーをカミングアウトされたのか分かる文章で、ちょっと泣きそうになりました。

 

きのコさんをはじめ、ポリアモリーの認知活動を日本で最初にはじめた方々は本当にすごいと思うし尊敬してる。

 

きのコさんは以前ヤフーニュースにも取り上げられポリアモリーについてお話されていたのですが、その記事についたコメントのバッシングがもうすさまじくて。(炎上した記事について語っている動画も、また面白いのでぜひ。)↓

 

 

ここまでバッシングを受けても我が道を突き進むというのは、並大抵の覚悟じゃないよな、、と思わざるを得ない。

 

そして何と言っても、

そんな先輩がいたからこその自分があるわけだから、今後、わたしはわたしなりにできる橋渡しをやっていきたいなと思います。

 

(既婚・子持ちのポリアモリー実践者はまだ少ないので、ぜひそのあたりのことを掘り下げる係を担いたい。)

 

-------

 

 

そうは言っても。

 

ポリアモリーを実践するにせよ、複数の職業を掛け持つ自営業者になるにせよ、わたしは時代の最先端を走っていないと気が済まない性格。

 

なのでそれについていけない周りの友人や身内に対して罪悪感があります。

うまく伝えられなくてごめんなさいって、毎日思ってる。

 

ただ1つ言えるのは、ポリアモリーを受け入れてもらうという一見困難なコミュニケーションを構築する努力は、自分を確実に成長させるということ。

 

保守的で前例のある生き方だけでは、成長スピードが落ちてしまう。

コミュニケーションスキルが上がれば自ずと収入も増える。それが如実にわかるのが自営業。

 

なので、わたしのなかでポリアモリーを実践することと自営業で生計をたてるのは、ほぼイコールで繋がっているんですよね。プライベートもビジネスも、線引きはできない。一緒に成長していくのです。

 

(ちなみに、わたしの職業一覧↓

芸術家、経営者、エステティシャン、メイクアップアーティスト、イラストレーター、一年前には美容ライターをしていた。あと、職業ではないがアートのコレクションも精力的に。

 

どの職業もお金もらってやってることなので、プロだという自覚でやってます。)

 

そして、全ての職業において一切仲介ナシなので、ギャラ交渉も価格設定もどれだけ働くかも自分で決められる。これが一番のメリットだなと。
(ただし、世の中甘くないので1つ1つの仕事を120%くらいであげなきゃ次がない。人脈広げるのにプライベートも使う。四六時中仕事だよ。)

 

 

結局、ポリアモリーを実践するのも自営業を頑張るのも、リスクを背負わないと自分の思い描いた人生は手に入らないと自覚しているから。

 

「今日も一日、わたしは精一杯仕事した!成長した!」

 

そう思えない日があると、もう落ち込んで仕方ないのです。仕事依存といっても過言じゃないかもしれない。

 

それくらい、わたしは自分の人生を自分でコントロールしたい性分だということ。そしてそれはもちろん、人間関係におけるライフスタイルもね。

 

なぜポリアモリーを実践することにしたのかという記事も、できるだけ早く書きますね。

 

少しでも、自分の決断に誇りを持って生きられる人が増えますように。そう、きのコさんみたいにね!

 

---------

 

宣伝。画家として参加しているグループ展が12/3(土)から18(日)まで開催です。

 

オープニングパーティーが3日の17:00から19:00くらいまであります!緩いパーティーなのでぜひどなたでもおいでくださいませ。

 

お会いできるのを楽しみにしております。