読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなが幸せに生きるためのポリアモリー。

 

今日はわたしの、ポリアモリー実践者としの日常生活をちょっぴりご報告します。

 

わたしは現在結婚5年弱の人妻で、27歳。3歳の息子がいます。

夫は半年ほど前から関西へ単身赴任中。

 

わたしがポリアモリーに興味を持ち始めたのは夫の単身赴任がきっかけでもあります。 

離れ離れに夫婦が暮らす場合、家に自分と子供が2人だけ…という生活はあまりよくないだろうなと思っていた。(なにより自分が寂しい思いをするだろうことが目に見えていた、というのもありますが。)

 

夫に面と向かって、「恋人が作りたいんだ。何か条件はありますか?」と、相談を持ちかけたのが去年の8月。

 

夫からの条件は、「女の人なら恋人を作ってもいいよ。ただ男の人は絶対にだめ。」

 

というもの。

バイセクシャルのわたしとしては、性別で有り無しを決める感覚になんとなく疑問を持ちつつ、夫の気持ちを尊重したいのでその条件をのみました。

 

そんななか、夫の単身赴任からものの一ヶ月でいまの恋人に出会いました。

ポリアモリー実践者の方が主催していたホームパーティーのような場で出会い、偶然近所に住んでいることが分かり食事に誘ったのです。

 

2人で色々と話しているうちに、あっという間に意気投合。

 

その日に付き合うことを決め、夫にもラインで「恋人ができたよ!」と連絡。

 

それからは、夫が東京へ戻ってくる時には恋人と息子を交え、4人で食事をすることも増えました。

(下の写真は、年始に4人でしゃぶしゃぶをしている図。)

f:id:arakawayuriko:20170115210226j:image

 

前述したとおりわたしの恋人は女性なのですが、やはり女性だからなのか?とても優しくて気が効く素晴らしい方です。

 

そしてその優しさはわたしにだけ向けられるものではなく、わたしの息子や夫にも向けられている。

 

関わる人たちみんなに対して、分け隔てなく優しい。こんなに優しい人って現実にいるんだなあ…と、驚くと同時に、自分の心の狭さに気付かされる毎日です。

 

結果として、わたしはポリアモリーを実践すると決めて、夫に「恋人をつくりたい」と相談し、実際に恋人を作って本当に良かった。

 

何よりも、息子に対して恋人が優しいことが一番嬉しいかもしれない。

 

恋人の息子への優しさについては夫もよく理解していて、

 

「〇〇さん(恋人の名前)には本当に良くしてもらって、頭が上がらないね。」

 

と、いつも言っています。

 

よく、メディアやツイッターなどでは『子供を作るつもりならポリアモリーに手を出すべきではない。』という意見を見つけます。

 

それは、将来的に子供が親の交友関係を知って傷ついたり、戸惑ったりする可能性があるからやめておけ。ということなのかもしない。(あとは法律の問題か。)

 

でも、わたしはポリアモリーを実践するしない以前の問題として、子供は色々な立場の大人に囲まれて育つ方が幸せだと考えています。

 

たくさんの大人の中で育てるって、核家族化が進んでいる都心では難しい。

 

緩く繋がれるコミュニティがなかなかないな〜と思っていたら、ポリアモリーについて調べていていく中で様々な立場の人と緩く繋がる方法を見つけた。

 

それは、定期的に開催されている勉強会に参加することだったり、自分自身で参加者を募ってホームパーティを開くことだったり、色々。

 

あまり外交的でなかったわたしがそのようなことができるようになったのは、ポリアモリーという新しいリレーションシップに興味を持っている人たちの懐の広さがあってこそだと思います。

 

『ふしだらな人たち』というレッテルが貼られがちなポリアモリーだけど、その実態は全然違います。

少なくともわたしが繋がっている人たちは、自分の人生に対して能動的で、成功も失敗も他人のせいにしない強さを持っている。

 

そしてとても勉強熱心です。

先日もホームパーティーを我が家で開いたのですが、そこで初めてお会いした方がこんなことを言っていた。

 

「ポリアモリーについて調べていたら、哲学についての言及があったのでそちらにも興味が湧くようになった。勉強したいことがどんどん増えていっています。」

 

と…。

わたし自身も、ポリアモリーを発端として色々なことを学んでいます。

性の進化だったり、歴史だったり、芸術だったり…自分の生活を自分の意思で決定しようと思ったその日から、学ぶべきことは無限に増えていっている。でも、充実しています。

 

もう一度いいます。わたしは、新たに恋人をつくり、一緒に子供と関わっていくという決断をして本当に良かったと思っています。

息子も、恋人のことが大好きでいつも甘えています。

 

周りの人がどんな意見をぶつけてこようと、わたしは自分の周りの大切な人たちが笑っていてくれることを一番大切に生きていきたいです。

 

そう、そしてもちろん、自分が笑っていられる生活を創造することが何よりも大切ですよね。

 

自分と、自分の大切な人たちが幸せに生きるためのポリアモリー

 

こんな生き方してる人もいるんだって、誰かの参考になったら嬉しいです。