読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人を好きになること。

 

好きな人が、一人で歩くのを見た。

 

いつもの足取りで、いつもの歩幅で、後ろ姿は小さくなる。

 

あっという間に人混みに消えて、

あの人はわたしの姿を見ることなく、一日を過ごすことになる。

 

 

好きな人と、一緒に歩く夢を見た。

 

夢のなかで、わたしたちは向かい合って、わたしの眼があの人の眼に映ってた。

夢のなかで、美しいその笑顔をわたしにくれた。

おかしいな、生きている世界ではあの人の笑顔なんてみたことがないのに。

 

夢のなかで、わたしたちはゆっくりゆっくり、一緒に歩いていった。

 

わたしはあの人の耳元でささやく。

 

「わたし、あなたのことが好きなんです。」

 

少しいたずらっぽい声で

口元に笑みを浮かべながら。

 

「俺も好きだよ。」

 

と、あの人はは笑ってわたしに言う。

 

わたしはまたあの人の耳元でささやいた。

 

「あなたがわたしのこと好きなわけないじゃない。」

 

そこで夢が覚めた。

 

ああ、なんでわたしは夢の中でさえ、

人の愛情を否定しているんだろう。

 

「わたしが愛した人は

わたしのことを愛したりしない。

 

本当は愛されたくなんかない。」

 

心の奥の方で転がってる言葉が溢れて、

目が覚めてからずっと苦しかった。

 

 

今日はこの世界で、あの人の後ろ姿をただ見ていた。

 

わたしはいつもあなたの姿を探して、

夢のなかでやっと会って、

それでもわたしたちが愛し合うことはない。

 

 

 

片手で数えられるくらいしか、ちゃんと話したことがないわたしの好きな人。

 

「あなたの姿をみたあとで、通り雨が降りました。

雨が降ってくれてよかった、わたしのこの気持ちが洗い流されるみたいだから。」

 

わたしは、

なんであなたのことが好きなのか分からない。

 

だから夢のなかでいいから教えてほしい。

 

あなたは一体誰なのですか?