わたしがポリアモリーになった理由。

 

「ポリアモリー(複数恋愛)を始めるきっかけはなんだったのですか?」と聞かれることが多いので、改めてまとめておきます。

 

もう2年以上前のことなのですが、同じ大学で交流のあった友人が亡くなりました。

死因はなんとも微妙なところで、事故とも自殺ともとれる不思議な最期でした。

 

だけど少なくとも、友人が最期に一人ぼっちで亡くなったのは明らかで、わたしはその知らせを聞いて呆然としてしまいました。

 

わたしは5年前、大学在学中に結婚し、3年前に子供を産みました。

何がいいたいかというと、わたしは大学を卒業して以降、自分の生活にかまけてその友人と会うことをしなかった。

 

在学中から気になる存在ではあったものの、その感情は「友人としての好意」であり、そこまで特別に仲良くなるほどの気持ちではないかな、と決めつけていたのです。

 

夫と結婚して、幸せな生活を送りはじめて、わたしの頭の中から友人の存在はどんどん薄まっていきました。

 

だけど、友人が亡くなってからわたしの生活の全てが変わった。

 

友人が一人きりで死んでいったと知ってから、彼の最期を想って涙が止まらない日々が始まり、「わたしは、わたしのためにも、彼が生きている間にもっと話をしておくべきだったんじゃない?」と。

 

自分を責めて、泣いて、でもちゃんと生活しなきゃいけないから昼間は仕事をして、夜は「今すぐ窓から飛び降りたいなあ」思いながら泣いて寝る。このバランスでなんとか生きる。そんな生活が2年以上続きました。

 

あまりにも不安定な自分を俯瞰してはじめて、「ああ、わたしは彼のことを愛していたのかもしれない。」と、自分の感情に気づいたのです。

 

なんで?

どうして?

どんな理由があって彼が一人で死ななきゃいけなかったの?

 

 

わたしはきっと、彼が生きている間、自分が彼に惹かれていることに気づきたくなかったのです。

 

わたしが彼のことを好きになったら迷惑かもしれない。

自然に仲良くなれないんだったら、きっと縁がないんだろう。

しつこく追い回したりして、嫌われたくない。

 

そんなことばかり考えていて、何もしなかった。

 

それに、わたしは彼に出会った頃には夫と結婚する予定をすでにたてていて、「自分が好きな人は夫だけだから!」と、自分に言い聞かせていました。

 

 

だけど、友人が亡くなって気づいたのは、「好きな人を一人に決めることなど到底無理なことだった。」ということです。

 

友人としての好意なのか、

それとも色欲なのか、

遠い存在に対する憧れなのか、

自分の心の穴を埋めるための独占欲なのか。

 

わたしたちがいつも「愛」と呼んでいる感情の中身はごちゃごちゃで、全く整理がされておらず、誰も本当の自分の気持ちなんて知らない。

 

だけど、知らないでは何も始められないから。

思考するのをやめて、無理やり「愛」をパッケージングする。

 

そして、その「愛」を渡せるのは生涯でただ一人。

 

それが、わたしたちの世界のルール。ここから逃れることはできない。

 

わたしはそう思って夫を愛し、結婚し、子供を産みました。

 

それでわたしの人生は正解で、自分は正しい人間だと思い込みたかったのです。

 

 

 

だけど、

 

 

いまでも私は、亡くなった友達を想って泣いている。

この文章を書いている今も、彼に会いたくて、話がしたくて、でもそれが叶わなくて泣いている。

 

 

ありえないことだとは分かっていても、もしも数年前に戻れるなら、

もしも彼がいま目の前に現れたなら。

 

わたしは、彼に「愛してる」と言ってしまうだろう。

 

愛は一人にしか渡さないと信じて生きてきたのに、いままでの努力を全て踏みにじっても言うだろう。

 

 

彼のことを思うと、

彼のことを愛する自分を思うと、

そして夫と子供のことを思うと、

 

わたしは息ができなくなって、

脈がおかしくなって、

鼓動が不規則になって、

涙が止まらなくなる。

 

 

そうなってはじめて、

「もうわたしはだめだ。

もう今までみたいに生きるのは無理だ。」

と、自分の人生を諦めることができた。

 

こんな後悔をもう一度繰り返したら、次こそ、わたしは苦しさできっと死んでしまう。

だったら、死なないで済むように、愛している人に愛を伝えて生きたい。

 

それだけのことが許されない世の中になんて生きていたくない。

 

本気でそう思いはじめた。

 

 

-------------

 

(こんなことを考えて、わたしはポリアモリーを始めるに至りました。

 

結局、どうしたら、後悔しない人生を送れるんだろう?ということを突き詰めて考えたら、こうならざるを得なかったという話です。

 

 

人を傷つけないで、同時に自分を傷つけないで生きることはできるのか?

 

 日々考えながら、生きることに、挑戦しています。

 

 

わたしは自分の気持ちを俯瞰するのが得意だから、日頃は至極まともに生きているはずです。

 

だけど、心のなかではいつも、季節が移ろうのが怖くて仕方がない。  

 

もう歳をとらない、死んでしまった人たちと違う時間に生きていることが辛い。

そしてさらに、自分が生きている限り、今生きている周りの人たちは少しずついなくなっていく。

 

わたしが死ぬその日まで、苦しみは続くんだと。

 

その苦しみに向き合うための仕組みが、ポリアモリー

 

参考になるかわかりませんが、こんなポリアモリーもいるんだということが少しでも伝われば嬉しいです。)